「ホースセラピー」
とは?

女の子が職員に支えられながら小さな馬に乗っている様子

ホースセラピーとは

東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授
川嶋 舟 さん

ホースセラピーとは、動物介在療法や動物介在活動の1つで馬を使って行うものです。この取り組みは、馬に乗るだけでなく、馬の世話をするなど馬とともに活動を行うことも大切な要素となります。様々な面から馬という動物にかかわることによって、身体的や心理的な効果といったものだけでなく、他の人との関わりといった社会的な効果も得られます。自然に恵まれた環境の中でホースセラピーを行うことにより、リラックスした状態で取り組みが行われ様々な効果も期待できます。


大人のストレス発散に

山梨県立大学看護学部看護関連科学領域准教授・医学博士
加藤 淳也 さん

乗馬、馬との触れあい、馬の手入れなどを通じて心身の機能を回復させる治療法が乗馬療法です。欧米ではポピュラーな治療手段で、保険適応が認められている国もあります。筋肉や関節が柔軟になりバランス感覚が向上する、不安が和らぎ心が癒され自立心やコミュニケーション能力が養われるなどの効果も期待できます。
ストレスの多い現代社会。みなさんも自然の中で、馬と触れあってみてはいかがですか?

ポニーに乗る男性の指導員とそれに続くポニーに乗った女性二人

乗馬センターに行きたい!

交通アクセス

お車でお越しのお客様

南アルプス街道(県道20号線)を進んでいただき、つき当たり「源」の信号を右折。次の信号「芦安入口」を左折。次の「塩沢入口」信号を右折し、橋を渡った先を右へ。

公共交通機関をご利用のお客様

甲府駅発 山梨交通バス 御勅使行き 御勅使バス停下車徒歩15分。

ご予約・お問い合わせ

受付:9時~18時30分(4月~9月)/9時~17時(10月~3月)
毎週水曜日定休 ※休憩時間:12時~13時15分